日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ
統合失調症薬物治療ガイドラインとそのガイド
−患者さん・ご家族・支援者のために−
50周年記念誌

日本神経精神薬理学会

一般社団法人日本神経精神
薬理学会事務局
〒101-0003
東京都千代田区一ツ橋2-4-4
一ツ橋別館4階
株式会社エー・イー企画 内
Tel:03-6685-8760
Fax:03-3230-2479
jsnp@aeplan.co.jp

※2020年9月1日から事務局
が変わりました。

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2019年アジア神経精神薬理学会
(AsCNP:Asian College of Neuropsychopharmacology)

北海道大学 山内 直紀

北海道大学 大学院薬学研究院 薬理学研究室に所属しております博士課程2年の山内 直紀と申します。この度、10月11-13日に福岡国際会議場にて開催された第6回アジア神経精神薬理学会(6th of Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology; AsCNP 2019)に参加いたしました。

私は大学院生としては有り難いことに、多くの国際学会で発表させていただく機会を南 雅文 教授より頂いており、本学会は自身4度目の国際学会での発表でした。少しずつではありますが英語での発表にも慣れてきて、昔のような見るに堪えない発表に比べれば幾分マシになってきたかと思います。もしこのレポートを学生の方に読んでいただいているのだとすれば、ぜひ国際学会への参加を検討してほしいと思います。私のように英語が苦手だとしても、気合と努力と慣れで何とかなるものですし、得るものは大きいと思います。実際に、発表に関しては非常に多くの方から有益な助言を頂き、今後の研究を活性化するきっかけとなりました。くわえて、本学会では著名な先生方のご講演を拝聴でき、非常に良い勉強となりました。特に精神疾患について、基礎や臨床、および国籍に関わらず多くの研究グループがその病態機序の解明や、ケタミンのような有望な薬における作用機序の解明に意欲的であることが印象に強く、アジアにおける当該分野の重要性というものを感じました。

また、今回は所属研究室より7名で参加しており、皆で福岡のグルメを楽しむことができました。会期中はラグビーW杯も行われていたので、夜は居酒屋で日本の試合に熱狂したことも良い思い出です。

末筆ではございますが、この度はJSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2019および鍋島賞のような栄誉ある賞をいただいたことを大変光栄に存じます。このような受賞に至ったのは、ひとえに多くの方のご指導のおかげであると考えています。この場を借りてあらためて御礼申し上げます。この受賞に甘んじることなく、今後とも研究活動に精進してまいりたい思います。